2017/09/03 21:00

真木よう子『セシルのもくろみ』打ち切り決定で最高視聴率5.3%に上昇

 真木よう子(34)が主演を務める「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)第8回が8月31日に放送され、平均視聴率5.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。放送日当日に打ち切りが発表されたことで注目を集め、皮肉なことに自己最高視聴率を記録する結果となった。打ち切りの理由は低視聴率と言われているが、主演の真木が起こした数々の騒動も理由のひとつであるに違いない。

 前回の放送終了後から今回の放送まで、真木は、Twitter上の発言で何度も世間を騒がせた。8月25日には今冬のコミケへの出展を発表・クラウドファンディングを募ったものの、批判が殺到し、27日には発言を撤回・謝罪。29日にはTwitterアカウントを削除した挙句、ドラマの収録をドタキャンしてしまった。たったワンクールで、ここまでトラブルを起こす女優も珍しいのではないだろうか。

 第8話の最大の見どころは、中華料理店で奈央(真木よう子)・ハマユカ(吉瀬美智子)・江里(伊藤歩)・洵子(板谷由夏)、舞子(長谷川京子)が繰り広げる女同志の舌戦。といっても、全方位に喧嘩を売っていたのは、舞子ひとり。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >