2017/09/08 20:30

真木よう子は誰に騙された?”アート”を餌にタレントを籠絡するサブカル仕掛人

 真木よう子(34)が29日に予定されていた『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の撮影を欠席したことを、31日付けのスポーツ各紙が一斉に報じた。視聴率は芳しくなくとも、民放プライムタイムのドラマで主演女優がドタキャンするなどあり得ない話である。真木は同じ日に一連のコミケ騒動を受けた為か、Twitterでもアカウントを削除するという事態にも陥っている。

 真木の身に起こった何が起こったか、経緯については前回の記事を参考にしていただくとして、今回は真木をそこまで巻き込んだと目される元太田出版・北尾修一氏がどんな人物なのかを掘り下げていきたい。

■「コミケならばオタクを使える(利用できる)」と言った黒幕

「真木はコミケもクラウドファウンディングもよく分かっていなかった。彼女にコミケの存在を教えたのはカメラマンの鈴木心さんです。『週刊文春』の7月6日号で真木のグラビアを撮った鈴木さんは、彼女から思ったようなキワドい写真が掲載できない不自由を相談された。鈴木さんは14年からコミケで写真撮影の出展をしている。だから発表の一案として、コミケの存在を教えました」(週刊誌記者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >