2017/09/16 11:45

鈴木砂羽の”パワハラ土下座”騒動に新疑惑?降板女優2人で”異なる見解”の謎

 女優の鈴木砂羽(44)が演出を務めている舞台『結婚の条件』の出演者降板騒動が大きな話題になっているが、ここに来てどうやら終結を迎えそうだ。

 今回降板した鳳恵弥(36)、牧野美千子(52)が所属する事務所の社長・関口忠相氏が9月14日、『スポニチ』の取材に対して「はっきり言えば、私の中では収拾はついた」との旨を語った。関口氏は様々な部分で納得がいかないこともあるとしているものの「双方の見解の相違ということもある」とし、降板した二人についても「仕事のスケジュールは入っているし、気分を一新して次に向かってくれている」「気持ちの整理はほぼついている」としている。

 関口氏は、同日放送の『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)に出演したばかりだった。同番組では、脚本家でプロデューサーである江頭美智留氏(54)から報告を受け、鈴木の事務所のマネージャーからも謝罪の言葉があったと説明した上で、土下座強要について「個人としてはあった」との見解を示していたところだったが、どうやら水面下で様々な話が進んでいたということか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >