2017/09/20 11:55

山下智久『コード・ブルー』映画化が物議?前脚本家・林宏司氏の待望論も

 フライトドクターたちの苦闘を描く医療ドラマ『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の最終話が、本シリーズ中最高の16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録したことが明らかになった。放送終了後、映画化することが発表されると、視聴者の間で賛否両論や前シーズンで活躍した脚本家・林宏司氏の待望論が巻き起こっている。

■最終回終了後に映画化発表

 初回の16.3%を上回り、16.4%で有終の美を飾った『コード・ブルー』。9月18日に放送された最終話「暗闇の先にあるもの」では、藍沢耕作(山下智久・32)や白石恵(新垣結衣・29)たちが、崩落事故の現場に急行して重症者の治療を敢行する、というストーリーが繰り広げられた。

 放送終了間際、2018年の映画化決定を正式発表。内容やキャストは未発表だが、ドラマの勢いそのままに、劇場版でもヒットを飛ばすのか。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >