2017/09/20 21:16

鈴木砂羽の土下座騒動を通して感じる演出家・ジャニー喜多川の偉大さ|平本淳也のジャニーズ社会学

 鈴木砂羽さんの演出による舞台公演の場外乱闘が今でも話題となっている。演出家によるパワハラなのか、役者の無責任なのかと波紋も広がり賛否も分かれるところ。今回は砂羽さんという人気女優が標的となって騒動が広がったために売名行為とも疑う見方もあるが、実際にこういった現場のイザコザは無数に存在する。

 ひとつの作品を作るうえで、キャストもスタッフもすべて重要なのは当然だが、作り手と演じる側の温度差に出る感覚的な擦れ違いはかなり多い。映画やドラマも含めて芝居の世界は演出家や監督、脚本といった制作と現場のトップをはじめ、多くのスタッフとキャストによって構成されるが、これが完全なピラミッドの場合は案外と上手くいっている。

 要するに社会的な構成図に伴った上下左右の関係が理解できる組織は割と安泰的だ。しかし上が不安定だと下は言うことを聞かないしすぐにダレる。一部ではプロデューサーと演出を担った砂羽さんらの力量不足も大きな要因とされているが、経緯はどうあれ組織の運営が出来なかった制作側の責任もある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >