2017/09/24 11:55

綾瀬はるか&高畑充希の”バトンタッチ式典”で見え隠れする若手女優の世代交代

 10月から新たに始まる女優・綾瀬はるか(32)主演ドラマ、『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)に注目が集まっている。同枠の先シーズンは、高畑充希(25)の民放ドラマ初主演作『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が放送され、最終回には14.0%という高視聴率を記録している。

 綾瀬の役どころは、正義感が強く一度怒ると手がつけられなくなる主婦。アクションシーンを務めることも報じられており、普段のおっとりしたキャラクターとのギャップにも注目が集まりそうだ。

 今月9日には、高畑と綾瀬による異例のバトンタッチセレモニーが行われた。朝の連続ドラマや大河ドラマでは、このような主人公同士のバトンタッチが行われることが多いが、民放の連続ドラマでは異例の出来事だ。ちなみに高畑と綾瀬は、同じ事務所の先輩と後輩にあたる間柄であるため、このようなことが実現した言われているが、それ以上に周囲の”世代交代”の期待値も高い。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >