2017/10/21 20:00

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』派手なアクションに救われ12.4%に微増

 女優の綾瀬はるか(32)が主演を務める『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第3話が10月19日に放送された。平均視聴率は、前回よりも1.1ポイント増加の12.4%と絶好調だ。この視聴率を支えているのが、綾瀬はるかのアクションシーンといえよう。

 第3話は、ひょんなことから同じ地域の主婦・理沙(小野ゆり子)に菜美(綾瀬はるか)の異常なまでの“強さ”がバレてしまうことから始まる。理沙は、同じ幼稚園に通うボスママである相良(青木さやか)とその取り巻きにいじめを受けていた。元女子プロレスラーというボスママの迫力にいつも負けてしまう自分を“変えたい”と思っていた理沙は、喧嘩のやり方を教えてほしいと菜美に頼むのだった。

 そこで菜美は理沙と一緒にトレーニングを開始。しばらくは2人でトレーニングしていたのだが、いつものように出掛けようと家を出ると玄関の前に大原優里(広末涼子)と佐藤京子(本田翼)が立っていた。菜美が「最近、友達とトレーニングを始めて…」と言えば「なんで内緒にしてたの?私たちは友達じゃなかったの?」(優里)「なんでも打ち明けようって約束したじゃないですか?」(京子)と2人して質問攻め。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >