2017/10/24 11:55

綾野剛『コウノドリ』好発進の背景は?ヒットドラマのお約束を踏襲で11.8%

 綾野剛(35)主演のドラマ『コウノドリ』(TBS系)の第二話の視聴率が、11.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と好調をキープしている。

 本作は、雑誌『モーニング』(講談社)に連載中の同名コミックをドラマ化したもので、産婦人科を舞台に、医師と天才ミステリアスのふたつの顔を持つ主人公のヒューマンドラマ。2015年の秋ドラマでも放送され、主人公役の綾野をはじめ、松岡茉優(22)、吉田羊(年齢非公表)、坂口健太郎(26)、星野源(36)らといったメインキャストが続投して出演している。初回は12.9%と好スタートを切り、前シリーズと同様に高視聴率が期待できる作品となりそうだ。

 とくに今期は、米倉涼子(42)主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』、水谷豊(65)主演の『相棒 season16』(ともにテレビ朝日系)と、人気シリーズが多数放送されている。ちなみに『ドクターX』は12日放送の初回放送において、20.6%の視聴率を記録している。こうした中で、本作の期待度は高く、視聴者からの注目も集まっているようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >