2017/10/26 20:08

菅田将暉に『直虎』脚本家がBL設定を強要?本人も「必ず入れてくる」と嘆き

 菅田将暉(24)が10月22日放送の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)の中で「褌(ふんどし)」姿を見せたことが、一部女性ファンの間で話題となっている。24日発売の『女性自身』(光文社)では、その菅田が「(朝の連続ドラマ『ごちそうさん』と大河『直虎』でタッグを組んだ脚本家の)森下佳子先生(46)が、必ず俺の役にBL(ボーイズラブ)を入れてくる」と嘆いていることを報じ、こちらも女性ファンたちをざわめかせている。

「森下は『JIN-仁-』をはじめ歴史物ドラマを書けると定評のある脚本家ですが、男性×男性というBL設定をドラマに入れることで”腐女子”と呼ばれる女性層にも評価を受けている。今回の『直虎』では菅田演じる万千代が家康(阿部サダヲ)から、寝所に来るよう呼びだされる場面があった。“衆道”が盛んだった当時ゆえ、万千代は”色小性”も出世の道のひとつと覚悟を決めて、『新しい褌を持て!』と言って寝所に行ったところ、家康に笑われて誤解だと分かるという展開でした。菅田の褌の生着替えもあり、森下としては菅田とBLを意識した、あきらかな確信犯だったようです」(女性雑誌編集者)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >