2017/10/29 18:00

フジ月9ドラマ『民衆の敵』に課題続出?パクリ疑惑に篠原涼子の限界説も

 今月23日に放送された、篠原涼子(44)主演の月9ドラマ『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』(フジテレビ系)の平均視聴率が、9.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)であることがわかった。

 本作は、篠原演じる40代・高校中退・資格なしの主婦が市議会議員となり、市政にはびこる悪や問題点を素人目線かつ女性目線で斬るというストーリー。篠原の他にも、石田ゆり子(48)や高橋一生(36)、千葉雄大(28)、前田敦子(26)、トレンディエンジェルの斎藤司(38)といった豪華な面々が名前を連ねている。

 さらに第1話では、スペシャルゲストとして桐谷美玲(27)と、前作『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』にも出演していた成田凌(23)が登場し、成田は会社員役、桐谷は篠原の同僚でクレーム処理のオペレーター役をつとめた。

 話題性に富んだ“新月9ドラマ”だが、視聴率は2ケタに届かず、いささか不発のスタートとなってしまったようだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >