2017/10/29 20:00

井上真央『明日の約束』第2話、いじめや毒親など暗いテーマの連続で急落6.2%

 井上真央(30)が主演を務める『明日の約束』(フジテレビ系)第2話が10月24日に放送され、平均視聴率6.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。前回よりも2.0ポイントダウンしたことから、初回で見切った視聴者が多いと推測される。いじめや毒親など暗いテーマの連続に、早くも疲れを感じた人がいるのかもしれない。

 第1話のラストで衝撃の死を遂げた圭吾(遠藤健慎)。椿が丘高校の生徒の間ですぐに噂は広まり、スクールカウンセラー日向(井上真央)や担任の霧島(及川光博)は真相究明に乗り出す。圭吾がいじめにあっていたと告発した那美(井頭愛海)は、圭吾の死にも平然としているクラスメートにいら立ちをぶつけ、教室内の雰囲気は最悪になる。

 一方、日向の恋人和彦(工藤阿須加)は、断りなしに日向の自宅を訪れる。和彦に愛想よく接する母・尚子(手塚理美)だったが、和彦が帰った途端に態度を豹変し、日向を罵るのだった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン