2017/11/01 11:55

篠原涼子『民衆の敵』2話目にして急落7.1%、早くも今後の展開に暗雲

 篠原涼子(44)が主演を務める『民衆の敵』(フジテレビ系)第2話が10月30日に放送され、平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。前回よりも1.9%下落し、2話目にしてすでに先行きが不安視されている。

 第2話では、市議として本会議に初出席した智子(篠原涼子)が、居眠りしていた前田(大澄賢也)の頭を小突いてしまう。前田が市議会で多数派を占める犬崎(古田新太)の幹部であったことで、早速智子は犬崎から目を付けられ、謝罪を請求される。

 犬崎派の力の大きさを知り、ハイヒールのプレゼントに誘惑された智子は、一度は謝罪を承諾するが、公園の遊歩道計画をきっかけに考えを改め、議会での謝罪を拒否してしまうのだった。

 今回は、市議に当選したばかりの候補者の様子が描かれたが、ちゃっかり者のアイドル議員・未亜(前田敦子)も事なかれ主義の園田(斎藤司)も、ステレオタイプの市議で、イマイチ惹かれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >