2017/12/22 14:00

木村拓哉が一年を振り返ったインタビューの「敵じゃない」発言に反響続々

 12月22日発売の「フライデー」(講談社)に、木村拓哉の“直撃インタビュー”が掲載され、ファンの間で話題を呼んでいる。

 同誌は12月中旬に、都内でドラマの撮影を行っている木村を直撃。「突然の取材に驚きの表情を浮かべながらも、キムタクは一つ一つ言葉を選ぶように語り始めた」と、その時の木村の様子がつづられている。その後、「今年一年を振り返ってどうですか」「今年、木村さんの中で、いままでと違う状況だという思いはありますか」といった記者からの質問に「撮影通しの一年でした」「そういう形(『SMAP』の解散)になった後は、自分の現場の責任をまっとうするのが求められることになったので……」などと丁寧に答えていく木村の言葉が掲載されている。

 また、話題は“ファン”についても。記者から、励ましの声が力になるかと問われると、「ならなかったらおかしいでしょ(笑)。めちゃくちゃなりますよ、本当に。めっちゃくちゃなる」と、木村らしい回答。さらに突っ込んで、SMAP解散騒動以降から続く“木村バッシング”について、「自分の気持ちや思ってること、わかってほしいことはありますよ。でも、それを言ってもね……」と反論したい気持ちはあるも、「それを口にしたところで何の解決にもならない」との思いから、あえて発言を避けてきたことを明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >