2018/03/24 18:18

深田恭子『隣の家族は〜』最終回7.9%の大惨敗も記憶に残るドラマに!?

 深田恭子(35)が主演を務める「隣の家族は青く見える」(フジテレビ系)の第10回が3月22日に放送され、平均視聴率が7.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。低視聴率で始まった本作だが、最終回では過去最高の視聴率を記録し、「となかぞ」ファンが増えていった結果といえるだろう。

 第10話で、流産した奈々(深田恭子)は、コーポラティブハウスを出て伊豆の実家に戻る。追いかけてきた大器(松山ケンイチ)に別れを切り出す奈々だが、大器は納得できず、東京に戻った後も荒れた生活を送っていた。

 一方、朔(北村匠海)は高卒認定試験に合格し、渉(眞島秀和)とのパートナーシップ宣誓書にサインをする。すっかり朔と仲良しになった渉の母・ふみ(田島令子)も二人を祝福してくれた。

 小宮山家では、長女の優香(安藤美優)がダンスコンテストに出場する。反対していた深雪(真飛聖)もこっそり応援しにくる。家族の大切さを再認識した真一郎(野間口徹)は深雪に頭を下げ、離婚を撤回する。そして、川村家では亮司(平山浩行)とちひろ(高橋メアリージュン)が事実婚を決意し、亮太(和田庵)も含め、ひとつの家族になった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >