2018/03/26 08:08

広瀬すず「anone」は5.6%で終幕…視聴者から「ラストが残念」の声相次ぐ

 それに、もしこの最終回のために青羽の水子の回や、持本の死を連想させた誘拐の回を盛り込んでいたのだというなら、本当にやめてほしかった。なくてもいいような話を盛り込んだせいで、結局は視聴者が知りたいこと、中世古の過去や児童施設の謎などが曖昧なまま終了することになってしまったといっても過言ではない。坂本裕二氏が脚本ということで、どこか期待している人も多かっただろうが「最後までつまらなかった」「なんかモヤモヤする終わり方だった」という声があがっている。

 ただ、キャスト陣に関しては、「演技力が最高!」「役者さんの演技力に魅せられた」という声も多い。可愛らしい広瀬すずのファンからすると、今回の役柄は不評だったようだが、ひょうひょうとした表情に、ちょっとスポーティな恰好も似合っている。廃れた雰囲気を醸し出しながらも、時々少女のように目をキラキラ輝かせて話し出したりと、緩急あってドラマの中でもしっかりと色々な顔を使い分けていたと思う。視聴率こそ振るわなかったが、アイドル女優の殻を抜けだすきっかけにはなったのではないだろうか。

文・吉本あや



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >