2018/04/12 21:09

至学館・谷岡学長の被害届提出「フジ番組スタッフに怪我を負わされた」に反論続々

 番組では、被害届が出され今後法廷で争われる可能性があるとして、“怪我を負わせたという”取材時の映像の公開は差し控えるとしながらも、その映像を見たという番組MCの坂上忍は「腕をつかまれたどうのこうのは、(カメラと谷岡学長の距離の)画像がタイトすぎて正直判別つかなかった」と、事実認定を控える発言をした。同じく映像を見たという番組出演者の未唯mieは「(谷岡学長がカメラから)すごく逃げていらっしゃる感じ。あまりぶつかった感じはしてませんけど……お話はうかがいたかったですね」と、谷岡学長が被害を受けたという件に対し、暗に否定するコメントをした。

 これを受けて坂上は先週、レスリング協会がパワハラを認めた後も、マスコミの取材に無言を貫く谷岡学長について持論を展開。「そもそも、谷岡学長が(レスリング界のパワハラについて)報道のあり方も含め、『パワハラ問題は無いですよ』ということで、自らマスコミを集めて会見を開いたわけですよ」「パワハラを否定したのに、(パワハラが)認定されたわけで……なのに、表に出てこないとなると、当然、マスコミは話を聞きたくなりますよね」と、批判の声を上げ、薬丸裕英は「そもそも谷岡郁子さんは学長なんですか? 人間だから間違いはある。そうなった時、どう対処するかってことじゃないですか。『こういう部分は私は間違ってました』とコメントしないと」「至学館の学長ということは“長”なわけですよ。学生さんたちに示しがつかない。上にいる人がこんな対応でいいのか」と、谷岡学長に対し辛辣な発言をした。

 番組のスタジオでは谷岡学長への異論が相次ぐ中、坂上は最後に「僕らが偉そうにケジメ、ケジメと言ったらいけないかもしれませんが、何らかの形で谷岡学長ご本人が表に出てこない限り、お話をうかがいたいマスコミの方、視聴者の方、たくさんいるんじゃないでしょうかね。谷岡さん、どうされるんでしょうか」と、疑問を投げかけ、今回の騒動を締めくくった。



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >