2017/06/02 07:00

何人殺した!? 怪優・藤原竜也に憑依した、4人の“凶悪殺人犯”たち

若冠15歳にして蜷川幸雄に見出だされ、舞台『身毒丸』(1997年)で衝撃的なデビューを飾った天才、藤原竜也。その後は、野田秀樹や栗山民也などの演出する舞台や、深作欣二、三池崇史、中田秀夫など巨匠たちの手掛ける映画で主演を務め、正気の沙汰ではない強烈な役どころを数多く好演し、狂人を演じさせたら右に出る者がいない怪優として不動の地位を確立してきました。

(C)2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会
『22年目の告白-私が殺人犯です-』は6月10日より全国公開

最近では、TBS系列「リバース」(2017年)での怪演ぶりが話題となっている藤原ですが、6月10日より公開の映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』(2017年)では、前代未聞の猟奇的な殺人鬼を演じるとのことで、その狂気の演技に再び注目と称賛が集まりそうです。それにしても藤原竜也は、いったいどれほど多くの人たちを映画の中で葬ってきたのでしょうか……。彼が演じてきた様々な殺人犯から特にインパクトの強い4人をフィーチャーし、その伝説の名演をまとめてみました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >