2017/06/02 07:00

野村萬斎、片岡愛之助…“伝統芸能”を背負いながらも挑戦をためらわない俳優たち

6月3日に公開される『花戦さ』は、野村萬斎が戦国時代に実在した池坊専好という京都の花僧に扮するエンタテインメント時代劇。主演の野村萬斎は言わずと知れた狂言方和泉流の狂言師であり、共演の市川猿之助も歌舞伎役者です。今回は、彼らのように日本の伝統芸能を背負いながらも、映画やドラマで活躍する俳優たちを紹介します。

「市川中車」の名を継いだ怪優…香川照之

2011年に九代目市川中車を襲名して歌舞伎界へ進出したのが、香川照之です。彼の父親は、歌舞伎役者の二代目市川猿翁。しかし3歳の時に両親が離婚したため、彼は母に引き取られ女手一つで育てられてきました。俳優デビュー後は、歌舞伎とは無縁のままその実力を確固たるものにしています。脇で出演してもその圧倒的な演技力で主役を食らうこともある、まさに怪優と呼ぶに相応しい俳優です。

歌舞伎の世界では芸名を統一すべきという仕来たりがあり、本来ならば襲名後、市川中車のみを名乗るべきところでした。しかし、俳優としての実績を考慮されたことで、ドラマや映画ではそのまま香川照之を名乗ることが許されたといいます。実はこれは歌舞伎界では特例の措置だとか。これまで彼の築き上げてきたものが、歌舞伎界にも認められたということでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >