2017/06/11 07:00

映画「兄こま」はいかに!? ドラマで描かれた“イケメンバトル”を振り返る!

6月30日(金)より公開される、夜神里奈の人気少女コミックを実写化した映画『兄に愛されすぎて困ってます』(通称「兄こま」)。公開に先駆けて放送された日本テレビのドラマでは、土屋太鳳演じる橘せとかをめぐり、血の繋がらない兄とイケメンたちがライバル心を燃やすまでの過程が描かれました。

全5話のドラマには、女子ならば誰しもが夢みたはずの、少女漫画らしい胸キュン展開が存分に盛り込まれていました。今回は公開される映画をより楽しめるように、ドラマのあらすじと名シーンを振り返って紹介します!

ライバルを蹴散らす兄を、後ろからハグ!?

高校2年生のせとかは、初恋から現在に至るまで、12人もの男子にフラれ続けて自信を喪失していました。しかし、実はこれまで告白した男子たちは、“ヤンキー系ツンデレお兄”の橘はるかに「妹に近づくな!」などと、裏で脅されていたのです。

茶髪でヤンチャ気質のはるかを演じるのは、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太。せとかの告白相手が陰で悪い噂をもつ男子ばかりだったために、妹想いのはるかは彼らを一掃していたのです。その事実に感動したせとかは、思わずはるかに背中から抱きついてしまいます!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >