2017/06/28 07:00

悪役で振り返る『パイレーツ・オブ・カリビアン』ジャック・スパロウの大航海!

ジョニー・デップの代表的キャラクターとなった孤高の海賊ジャック・スパロウの活躍を描く『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日に公開されます。そのエキセントリックな性格ゆえに数多の敵を作り、これまでもあらゆる曲者たちと対峙してきたジャックですが、ここでは悪役に焦点を当てて、彼の航海を振り返ってみたいと思います。

ジャックを裏切った仇敵・バルボッサ船長

ジャックを語るうえで外せないのが宿敵・バルボッサ船長(ジェフリー・ラッシュ)です。肩にペットの小猿を乗せたこの男は、アステカの金貨を盗んだ呪いで月明かりに照らされると骸骨化する不死身の体を持ちます

実はジャックとバルボッサの間には10年にもわたる因縁がありました。10年前、ブラックパール号を指揮しアステカの金貨を捜索していたジャックを、同じ船の一等航海士だったバルボッサが裏切り、孤島に置き去りにします。その後、命からがら逃げ出したジャックは、バルボッサへの復讐を胸に海賊として再起。ついに彼を倒し、ブラックパール号を取り返したのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >