2017/06/06 07:00

男も惚れる堂本剛の艶やかさ!『銀魂』での迫真のラスボスぶりは必見

時代劇とSFがミックスし、シリアスとギャグが二人三脚で走り抜ける特異な世界観で大人気の漫画『銀魂』。同作の実写映画版が7月14日より公開される。主人公の坂田銀時を筆頭に、強烈な個性を放つキャラクターたちを演じるのは、小栗旬に菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗に菜々緒、安田顕、そして中村勘九郎と主役級の俳優ばかり。中でもとりわけ注目なのが、堂本剛の存在だ。

そのオーラが、すべてを制する

『銀魂』の舞台となるのは、高層ビルが立ち並ぶパラレルワールドの江戸末期。空には宇宙船が飛び交い、宇宙からやって来た「天人(あまんと)」が台頭し、廃刀令が施行され、侍は隅に追いやられている。そんな時代に、ひとり侍魂を発揮する男、それが銀時だ。物語は基本的に彼の活躍を描くが、銀時を取り囲む面々のキャラがとにかく濃い。桂小太郎、平賀源外、近藤勲、土方十四郎、沖田総悟、岡田似蔵といった、どこかで聞いたことのあるような名前の登場人物たちの中に、高杉晋助という男がいる。高杉は、銀時と桂の幼馴染みという間柄なのだが、最終的にはラスボスとして、銀時の前に立ちはだかる。この高杉を演じるのが堂本剛なのだが、これが期待をはるかに超える鮮やかな存在感で、スクリーンを活気づかせている。これだけ豪華なキャストの中で最強の敵を演じるのは並大抵のことではないと思うが、堂本剛のオーラが半端なく素晴らしい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >