2017/06/12 07:00

ズバリあの映画はおいくら?史上最高額から限りなく0円に近い映画まで

普段何気なく観ている映画。“超大作”や“低予算”と言われても、イマイチピンと来ない方も多いのではないでしょうか。昨今の映画業界では、大手スタジオがヒットを狙って莫大な資金を注ぐ大作か、まだ無名のドリーマーたちが手掛ける低予算のインディペンデントか、という具合に二極化していっているのです。映画の製作費を知ったら、その作品の観方も変わるかも? そんな映画の製作費事情をご紹介します。

史上最高額の製作費がかかった映画は…?

これまでにつくられた映画の中で最も高額だったのは、ジョニー・デップ主演の人気シリーズ第3弾『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)で、製作費なんと3億4,100万ドル(約375億1,000万円・1ドル110円計算)。それに続く作品は下記のようになっております(Business Insider 2016年度調べ・インフレ反映済み)。

1位『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)3億4,100万ドル(約375億1,000万円)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >