2017/06/19 07:00

6月の5つ星映画5作品はこれだ!

ヒュー・ジャックマンによるウルヴァリン最後の雄姿を描いた『LOGAN/ローガン』がついに公開! 授賞式のボイコットで世界的に注目されたオスカー受賞作のほか、実話を映画化したメル・ギブソン監督作、父が別人になって娘の前に現れるコメディードラマ、邦画からはW不倫の3年後を描いた『昼顔』をピックアップ。これが6月の5つ星映画5作品だ!

『LOGAN/ローガン』

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

ウルヴァリンじゃなくてあえてローガンという本気

『X-MEN』シリーズのウルヴァリンことローガンが、ミュータントの未来をかけた「最後」の死闘を繰り広げる。見どころはお決まりのアクション……ではなく、“ミュータント性”に焦点を当てた人物描写。髪は白髪交じりで顔はシミとシワだらけ、足を引きずり咳き込む姿に、不死身でマッチョなウルヴァリンの面影はない。その上、老いたプロフェッサーXの世話をしながら、見知らぬ少女ローラを守るという、まさに親の介護をしながら子育てをする「ダブルケア」状態。その現実感たるや、世の中高年が心底共感するほどの疲労感が漂っている。この設定だけで、今までとは全く違う作風になっていることがわかるだろうが、その本気度はタイトルにも表れている。なにしろ、ウルヴァリンじゃなくてローガンなのだから。一人の男としての悲哀や葛藤がリアルに描写され、切なすぎる男の生きざまに涙する。まさに“泣けるマーベル作品”。ヒュー・ジャックマン最後のウルヴァリンにふさわしい仕上がりだ。(編集部・香取亜希)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >