2017/06/20 07:00

未解決の“連続殺人”を描いた映画『22年目の告白』は、「被害者遺族」のイメージを塗り替える!?

現在大ヒット上映中の『22年目の告白―私が殺人犯です―』。面白さの秘密は、パワフル&スピーディな描写と展開。そして、1995年という日本が大きな転換期を迎えた時代を舞台にした深く豊かな視点の融合にある。量と質を兼ね備えたエンタテインメント作品としてのエネルギーが、映画を体感する側にも真っ直ぐに伝わってくるのだ。さらに本作には「被害者遺族」を従来のイメージから変換させた意欲的な試みがある。

出発点は、日本が揺れ動いた1995年

神戸の地震と地下鉄サリン事件で日本が大きく揺れ動いた1995年。物語の発端は、この年に起きた猟奇的な連続殺人。同事件は未解決のまま時効を迎えたが、発生から22年後、殺人犯・曾根崎雅人が告白本『私が殺人犯です』を発表する。その本はセンセーショナルな宣伝を展開し、男は一躍時代の寵児となる。日本中を狂わせる曾根崎の本当の目的とは? 事件の被害者でもある刑事や、事件を追い続けるジャーナリストも巻き込んで、映画は怒涛のハイテンションで突き進んでいく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >

おすすめキャンペーン