2017/06/26 07:00

お父さんと付き合うのって難しい!7人の映画の“パパ”

年をとるにつれて、父親との会話が減ったりしていませんか? 間もなく公開される『ありがとう、トニ・エルドマン』をきっかけに、「一緒に暮らしたら大変そうだけど愛すべきパパ」たちが登場する映画をピックアップしてみました! 映画の中から父親とうまく付き合うヒントが見つかるかも?

『スター・ウォーズ』シリーズ“敵だと思っていたら父だった”ダース・ベイダーここが最高!:強いここがイヤだ!:気に食わないことがあると“フォース”を使って大暴れするうまく付き合うには……自分のピンチを見せて情に訴える

『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』(1980)で、ダース・ベイダーがルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)との戦いの最中に、「おまえの父はわしだ!」とまさかのカミングアウトをするシーンはあまりに有名。ルークが「No!」とショックを受けていた通り、宿敵が父だったなんて、受け入れるのに時間がかかりそう……。続く『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(1983)の終盤、ルークはしつこく自分を暗黒面に引き入れようとするベイダーと格闘の末、ベイダーの右手を切り落として瀕死の状態に追い込む。しかし、ルークが皇帝に追い詰められた際、ベイダーは最後の力を振り絞って皇帝を殺害し、ルークの命を救う。「父さんにはまだ善の心が残っている」というルークの思いが通じたのか、つかの間、父子としてルークとベイダーが対話するシーンは感動的だった。ベイダーがこれだけ多くの人に愛されるのはビジュアルのみならず「父」としての側面が大きいはず。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >