2017/06/28 07:00

『忍びの国』伊勢谷友介インタビュー

かっこいい男は命の使い方を知っている

嵐の大野智がスゴ腕ながらも怠け者の伊賀忍者にふんして話題の戦国エンターテイメント『忍びの国』。人でなしの忍びと、圧倒的な武力を誇る織田軍との戦いが、史実を背景にダイナミックに描き出される同作で、もっとも侍らしい最強の侍を演じた伊勢谷友介。映画の撮影の様子とともに、自らの思う「カッコいい男」について語った。

ユニークな忍者像と現代への戒め

Q:いわゆる時代劇とは一線を画す少し変わったテイストの時代劇ですが、どこに魅力を感じて出演を決められましたか?

忍者のとらえ方が、従来の「笑みもなく暗躍している」という感じの作品とまったく違う表現になっています。今までにない忍者像で面白いと思いました。主人公も、ただの“イイモノ”ではない。むしろ、自分の欲望が自分の一番大切な者を失うきっかけになっている。欲に忠実な忍者の悪い部分が現世の我々に引き継がれていると思うので、そこをちゃんと意識しないといけないという戒めの要素があって面白いと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >