2017/07/13 07:00

セクシー女優から社会学者へ…『身体を売ったらサヨウナラ』原作・鈴木涼美が伝えたいこと

文=高村尚/Avanti Press

元AV女優で、新聞記者であった社会学者・鈴木涼美の原作を映画化した『身体を売ったらサヨウナラ』がスマッシュヒットとなっている。このセンセーショナルな原作には、新聞社に勤めるヒロインが、高校生から大学院まで難関校に在籍しながら見聞きした“夜の世界”のできごとが書かれている。ヒロインの気持ちや主張はほとんど語られず、一緒にいる相手のバッグのブランド、話している相手のしぐさや髪型、物語の核となる人以外が何をしているのかなどが克明な描写で綴られる。

ヒロインと一緒にキラキラと輝くネオンの中にいるような気分になる原作と、「一流大学出身で某新聞社の社員だった鈴木涼美が、かつてAV女優として活動していた過去が暴露された」と描かれる映画は少し異なる。そんな原作と映画の違い、AV女優という過去について思うことなど、著者である鈴木涼美さんに語っていただいた。

この人私と似てる、でも誰だろうみたいな

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >