2017/07/12 10:17

『銀魂』小栗旬&菅田将暉 インタビュー

みんなバカ!な最高のB級映画

SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観で大人気の漫画「銀魂」を実写映画化!ぐうたらだけどカッコいい銀時を演じた小栗旬と、万能突っ込み役の新八にふんした菅田将暉が、作品とお互いについて熱い思いを語った。

最高のB級映画!じゃなくてA級映画!!

Q:完成品をご覧になって、どんな映画になったと思われましたか?

小栗旬(以下、小栗):福田(雄一)監督がテレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなどで頑張ってきたことが、全部詰まっている映画になったと思います。今の日本では、本気でみんながバカをやる映画にお金を使ってくれることが、なかなかなかった。原作のパワーがあるからこそだと思いますが、最高のB級映画ができあがったと思っています。

菅田将暉(以下、菅田):いやいや、A級ですよ(笑)。こんな夢のような映画ないです。

小栗:そうだね。僕もまさか歌手デビューできるとは思っていませんでした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >