2017/07/22 07:00

松岡茉優、「俳優として価値があるか…」不安と怖さを“打ち消した”出来事とは?

7月15日公開のディズニー/ピクサーの人気シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』で日本語版吹き替え版声優を務める、女優の松岡茉優。7月クールの連続ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」のヒロイン、映画初主演作『勝手にふるえてろ』の公開が待機するなど、“おはガール”として茶の間を温めていたのも今は昔、女優としての活躍目覚ましい。だが当の本人は「同世代の女優の中で魅力があるのかと聞かれると自信はないし、俳優として価値があるのかどうかもわからない」と打ち明ける。しかしその言葉とは裏腹に表情は明るい。何が松岡を支えているのか。

天命に似た“お芝居好きだ!”

「同世代の女優の中で魅力があるのかと聞かれると自信はないし、俳優として価値があるのかどうかもわからない。それでも日々お芝居の事を考えて真剣に向き合っているつもりです。」語る22歳。不安を口にする一方で、自分は何をするために存在しているのか早い段階から実は知っているように感じる。それは15歳のとき。小学校時代から通っていた演技レッスン教室で“根拠のない自信”を与えてくれた出来事があったからだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >