2017/07/15 07:00

窪塚洋介、マスコミに叩かれた過去も赤裸々に!? 正直すぎる“本音トーク”を展開『アリーキャット』

人生に躓いた男の再生を描くバディ・ムービー『アリーキャット』が、7月15日(土)より全国公開される。主演は、マーティン・スコセッシ監督『沈黙~サイレンス~』(2017年)での熱演も記憶に新しい窪塚洋介。結成20年を迎えた人気ロックバンド、Dragon Ashのフロントマン、Kjこと降谷建志が、そのバディに扮している。劇中、窪塚洋介はボクシングの元東洋チャンピオン、降谷建志は自動車整備工場で働く男に扮し、ストーカー被害に悩むシングルマザーのボディガードとして奮闘する。時代のカリスマと呼ばれ、ハリウッドスターとなった現在でも自らの信念に従い、活動を続けている窪塚洋介にお話を伺った。

Q:窪塚さんと降谷さんの掛け合いがとても自然で、まるで十年来の親友のように見えました。

2年前の冬に、共通の友人の結婚式で(降谷)建志くんと初めて会いました。共通の友人がたくさんいるのですが、ずっとニアミスばかりで、会うタイミングがなくて。お互いがデビュー20周年の節目を迎えた後、こうして共演の機会を得たのは、運命だったのかなと思っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >