2017/08/10 07:00

『君の名は。』の新海監督も個人製作でデビュー…映画の個人製作・個人配給時代が来る!?

文=平辻哲也/Avanti Press

常識破りの新手法!個人製作・個人配給で映画界が変わる!?

個人製作、個人配給という、日本の映画界の常識を打ち破るスタイルで世に映画を送り出す映画監督がいる。『映画監督外山文治短編作品集』として2作の短編を、8月26日から東京・渋谷のユーロスペースで限定2週間レイトショー公開する外山文治監督だ。出演者の交渉から、チラシ配りまで、すべて監督自身が担当するが、ただの自主映画ではない。『春なれや』の主演は大ベテランの吉行和子で、村上虹郎も出演。『わさび』の主演は、NHKの朝ドラ「べっぴんさん」のヒロインを務めた芳根京子。昨年、アニメ『君の名は。』で大ブレイクした新海誠監督も、個人製作が出発点。この新手法が映画界を変える。

昨年7月に公開され、興収約250億円の大ヒットとなり、社会現象となったアニメ『君の名は。』。その監督、新海誠氏は元々、ゲーム会社勤務のサラリーマン。その傍ら、監督・脚本・演出・作画・美術・編集、声まで担当し、フルCGの短編アニメを製作。『ほしのこえ』(2002年)が星雲賞などを受賞して注目された。かつては手書きだったアニメも、昨今のPCのスペックの向上により、技術や作業効率が向上。個人製作でも、大手にも引けを取らない作品が増えてきた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >