2017/07/28 07:00

群馬に埼玉、東京も!? “あるある”と“自虐”が笑える!地方ディスの世界

群馬への過激なまでの郷土愛を描くコメディ映画『劇場版 お前はまだグンマを知らない』が、7月22日に公開されました。

地元ならではのあるあるネタを、自虐ギャグと濃厚な郷土愛とともに描く、いわゆる“地方ディス漫画”がブームになっています。原作漫画『お前はまだグンマを知らない』(井田ヒロト著)も、そんな地方ディス漫画の代表的な一作。映画公開にあわせて、この機に地方ディスという屈折した笑いに、触れてみてはいかがでしょう?

『翔んで埼玉』のヒットから始まった地方ディス

地方ディスといえば、特定地方のあるあるネタを、東京などと比較しながら自虐的にディスる(けなす)のが基本。作者などのディスる本人は、その地方の出身者であることが多いです。彼らの多くは地元を愛していますが、その愛を語るほどに東京との落差は浮き彫りとなり、それが地方ディスという形に発展していったのではないでしょうか。この構造はほかの地方出身者にも共通するため、ある種の共感を得ることができ、それが地方ディスブームへとつながっている気がします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >