2017/08/09 07:00

高橋一生、斎藤工も魅了!『シン・ゴジラ』特殊造形Pの“監督作”が韓国の映画祭で大受け

文=石津文子/Avanti Press

『シン・ゴジラ』の特殊造形プロデューサー、西村喜廣が監督した『蠱毒(こどく) ミートボールマシン』(8月19日公開)が韓国の映画祭で上映され、大受け!  映画初主演となる田中要次は、満場のファンの熱狂ぶりに「この映画に出て本当によかったです」と俳優生活27年目にして味わう感激を口にした。 

この血しぶき飛び散るバイオレンス・スプラッターは、なぜここまで支持されるのか?

『蠱毒 ミートボールマシン』(c)2017キングレコード
8月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

『シン・ゴジラ』ヒットでも西村監督の造形会社は赤字
『蠱毒 ミートボールマシン』はその状況を映画化!?

西村監督、キャストの田中要次、百合沙、笹野鈴々音が参加したのは、7月13日から23日まで韓国・富川(プチョン)市で行われたアジア最大のジャンル映画の祭典、第21回富川ファンタスティック映画祭。特殊メイク、造形の第一人者であり、血しぶき飛び散る残酷描写とブラックなユーモアで、海外映画祭で引っ張りだこの西村監督。『東京残酷警察』など彼の作品はすべて富川ファンタで上映されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >