2017/08/25 07:00

世界的名声からアルコール依存症に…ダニエル・ラドクリフは私生活も役も“迷走”が止まらない!

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)の公開から早16年……。ハーマイオニー役でデビューしたエマ・ワトソンは、2000年代で最も高い興収を上げた女優としてギネス認定され、今や名実ともにハリウッドを代表する女優へと上り詰めました。

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

一方、ハリー役のダニエル・ラドクリフは、アルコール依存症や群発頭痛に悩まされ、その私生活は波乱万丈。大作映画に出演するわけでもなく、その存在感も薄くなっている彼ですが、実は私たちの知らないうちに独自の路線を歩みだしていたのです。

ミステリー?ファンタジー? 分類不能な唯一無二の力作

ラドクリフが、おかしな方向へ走り出したのが、不思議な力を宿す角が突然生えてきた男というインパクト大な役を演じた『ホーンズ 容疑者と告白の角』(2015年)からです。この角を前にすると、なぜか周囲の人が心の内に秘めた欲望をさらけ出してしまいます。この角を利用して、恋人殺しの汚名を着させられた主人公イグ(ラドクリフ)が、真犯人を探し出していくという、ミステリーともファンタジーともとれる唯一無二な作品です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >