2017/08/19 07:00

犯人を追い詰め、なおかつ…海外で論争となった性犯罪被害者女性を描く『エル ELLE』

文=石津文子/Avanti Press

あまりに衝撃的なヒロイン像に、カンヌ映画祭で賛否激論となったポール・ヴァーホーヴェン監督、イザベル・ユペール主演の傑作『エル ELLE』が、ついに日本公開される。2016年のカンヌ映画祭のコンペティションで上映されて以来、ユペールの演技力は絶賛され、アカデミー賞主演女優賞へのノミネートをはじめ、ゴールデングローブ賞やセザール賞など数々の映画賞を受賞しているのだが。

映画の導入はかなり刺激が強い。ゲーム会社のワンマン社長ミシェル(イザベル・ユペール)が、白昼、パリの自宅で覆面の男に襲われる。しかし彼女は破り取られた下着を、生ゴミを片づけるかのように棄て、風呂に入り(白い泡に血が滲む)、何事もなかったかのように息子を出迎え、寿司を食べる。

『エル ELLE』8月25日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
(c) 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION –
FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >