2017/09/22 07:00

寄生、擬態、コピー…宇宙人たちの侵略の仕方がエグすぎる映画4選

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

行方不明になった夫が“侵略者”となって帰ってきた。侵略者は彼を合わせて3人。散歩しながら人々と会話を交わし、そして“概念”を奪っていく。日常が終わりを告げる時、いったい何が起きるのか? 地球は侵略されてしまうのか――。

劇団イキウメの舞台を映画化した『散歩する侵略者』(公開中)は、黒沢清監督の最新作です。こういった、人間に“寄生”したり“擬態”したりする系の侵略って、とかく展開がエグくなりがちですけど、つい目が離せなくなってしまいますよね。そこで今回は、侵略者による入れ替わりを描いた映画を紹介していきたいと思います。

入れ替わり侵略者の元祖!…『盗まれた街』(1955年)

ジャック・フィニイといえばオールドSFファンには有名な、ノスタルジーと奇想の作家です。そんな彼が書いたSFホラーの傑作が『盗まれた街』。生涯で1万冊以上の小説を読んできた筆者ですが、読んでいるあいだにこれほど嫌な汗をかいた本はありません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >