2017/09/09 07:00

“イタリアの宝石”と呼ばれる女優、モニカ・ベルッチって? マタニティ・ヌードや最高齢ボンドガールにも挑戦

(C)2016 LOVE AND WAR LLC

世界三大映画祭を制覇した巨匠、エミール・クストリッツァ監督の9年ぶりとなる最新作『オン・ザ・ミルキー・ロード』(9月15日公開)。監督たっての希望でヒロインを熱演しているのが、“イタリアの宝石”と称されるモニカ・ベルッチです。ハリウッド超大作から衝撃の問題作まで、世界中の名だたる監督たちを夢中にさせてきたモニカの魅力に迫ります!

『007 スペクター』で史上最高齢のボンドガールに抜擢

2015年に公開された映画『007 スペクター』でレア・セドゥと並び、同シリーズ史上最高齢のボンドガールとして話題を集めたモニカ・ベルッチですが、豊満な肉体から放たれる圧倒的な美しさと、匂い立つような大人の色気は、52歳となったいまなお健在。

そんなモニカのデビューのきっかけは、大学時代、学費稼ぎのために始めたモデルのアルバイト。その恵まれた美貌でたちまち売れっ子になったモニカは、1990年に女優デビュー。1992年にはフランシス・フォード・コッポラ監督の映画『ドラキュラ』で花嫁役に大抜擢され、あっという間にハリウッド・デビューも果たします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >