2017/09/24 07:00

実写化、リメイクでさらに注目度アップ!“東野圭吾・原作”の映画たち

(C)2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会

日本を代表するミステリー作家として圧倒的な人気を誇る、東野圭吾。物語を構成する緻密なトリックや、最後まで読み手を飽きさせない様々な伏線が魅力となって、日本国内はもちろん、海外でもその衆望に常に応え続けています。

彼の人気小説の中でも日本で実写映画化され、さらに海外でもリメイクされた作品があります。そんな東野圭吾原作の実写化映画を、キャスティングや役者の演技、原作との違い、ファンの反応などに注目して紹介します。

体は娘で、心は妻。そのとき一人の男の取るべき行動とは-「秘密」

母娘が帰省途中に事故に遭ったことで娘の体に母親の人格が宿り、一つの家族が奇妙に形を変えていく様を描いた衝撃作「秘密」。国内での人気はもちろん海外でも高評価を得ています。

日本では1999年に実写映画が公開され、当時女優としての才能を開花させた広末涼子を主人公に、その父親役には小林薫を迎え注目を集めました。原作に忠実に作られた結末は物語の最大の秘密とともに衝撃的な事実を明らかにしています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >