2017/09/22 07:00

草刈民代、ほぼ“すっぴん”で酒焼け声…男に寄生する女を熱演した『月と雷』

(C) 2012 角田光代/中央公論新社 (C) 2017 「月と雷」製作委員会

倉本聰が脚本を手掛ける話題のドラマ「やすらぎの郷」(テレビ朝日系)に、名優たちが入居する高級老人ホームを取り仕切る総務理事役で出演している草刈民代。同ドラマで見せる凛としたイメージから一転、10月7日(土)から公開となる映画『月と雷』では、昼間から酒をあおり、気だるく煙草を吹かす、荒れ果てた母親・直子を熱演。ほぼすっぴん、並々ならぬ覚悟を持って草刈の新境地に迫る!

“夫”の作品にしか出演しなかった

草刈は、小学2年からバレエを始め、日本を代表するバレリーナとして活躍しながら、1996年、周防正行監督に大抜擢され、映画『Shall we ダンス?』に主演。数々の賞に輝き、一躍、有名女優の仲間入りを果たした。

今年6月、テレビ朝日の「徹子の部屋」に周防正行監督と夫婦そろって出演し、互いを「正ちゃん」「民ちゃん」と呼び合っていることを明かすなど、結婚21年目を迎えてもなお仲睦まじい、絵に描いたようなオシドリ夫婦ぶりを披露していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >