2017/10/05 19:30

深キョンに波瑠、竹内結子も!体を張った“死体役”でプロ根性を鍛えた女優たち

Photo/Getty Images

才色兼備な理想の女性を演じることもあれば、激しいアクションをこなしたり、小説や漫画のキャラクターを実写に落とし込んだり……。さまざまな役を演じきり、私たちに感動を与えてくれる女優。彼女たちは美貌だけでなく、過酷な撮影を耐え抜く“プロ根性”が備わっているように思います。

彼女たちは、そうした芯の強さをどこで鍛えているのでしょうか。現在活躍している女優を探ってみると、かつて死体役・死ぬ役を演じている人が、少なくないことがわかりました。そこで、プロ根性を鍛えるのに貢献したであろう“死体演技”にフォーカスしてご紹介します。

『リング』(1998年)で貞子の最初の犠牲者となった竹内結子

連続テレビ小説「あすか」(1999年)で人気を集め、「真田丸」(2016年)や、『クリーピー 偽りの隣人』(2016年)、「A LIFE〜愛しき人〜」(2017年)など、近年もさまざまな作品への出演が続く竹内結子。そんな彼女も死体役を演じていたことがありました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >