2017/09/16 07:00

広瀬すずが魅せた、新境地“ゆらぎ”の演技とは…『先生! 、、、好きになってもいいですか?』

(C)河原和音/集英社 (C)2017 映画「先生!」製作委員会

実話ベースの映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(2017年3月公開)、是枝裕和監督と再タッグを組んだ映画『三度目の殺人』(9月9日より公開中)、そして、映画『バケモノの子』(2015年)以来となる声優としての参加作品『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(8月18日より公開中)。今年も公開映画が目白押しの広瀬すずだが、その極め付きが10月28日より公開の映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』だ。河原和音のコミック『先生!』を原作に、生田斗真と共演する学園ラブストーリーだが、彼女のキャリア史上最高と言っても過言ではないほど充実した演技を披露している。

広瀬すずの演技が三木監督の「強み」と見事にマッチ

是枝監督の映画『海街diary』(2015年)に大抜擢されてから「天才」の呼び声も高い広瀬すずだが、『先生! 、、、好きになってもいいですか?』では演じ手としての抜きん出た才能が恋愛ものの名手、三木孝浩監督によって、惜しみなく引き出されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >