2017/09/21 07:00

“リアルすぎる”心臓移植シーンから目が離せない!『あさがくるまえに』

(C) Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

夜明け前、まどろむガールフレンドをベッドに残しサーフィンに出かけた19歳のブロンドの美少年の心臓が、24時間後にはどうなるか……。そんなショッキングなテーマを、フランス映画界の新鋭カテル・キレヴェレ監督が、斬新な映像と心揺さぶる旋律にのせて描いた映画『あさがくるまえに』が9月16日から公開中。丁寧な心理描写と、時には残酷なまでにリアルな表現で高い評価を得ている本作。この秋、ぜひおすすめしたい1本です。

瑞々しい青春映画から一転、突如ふりかかる過酷な現実

映画が始まり、しばらくしてスクリーンに映し出されるのは、大きくうねる波の中をチューブ・ライディングする少年・シモンの姿。キレヴェレ監督自ら「尊敬している」と公言しているとおり、どこか『エレファント』(2003年)や『パラノイドパーク』(2007年)といった、美少年たちの疾走感あふれる映像をカメラに収めるのを得意とするガス・ヴァン・サント監督の作品を思わせる描写に引き込まれます。しかし、サーフィンからの帰り道、シモンたちが乗った車が事故を起こしたことで、瑞々しい青春映画の様相は一転します。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >