2017/09/21 07:00

貫地谷しほり、『望郷』で心機一転!今は貪欲に「種まきの最中」

『望郷』 ©2017 avex digital Inc. 2017年9月16日(土)新宿武蔵野館ほか 全国拡大上映

作家・湊かなえ原作の映画『望郷』(9月16日公開)で主演を務める、女優の貫地谷しほり。演じたのは、湊の故郷である広島の離島・因島をモデルとした島で実母との葛藤に揺れる一児の母親・夢都子。30代に突入し、母親役も増えてきたが、今作で見せる姿はこれまでの貫地谷の明るいイメージとは真逆のもの。祖母が支配する実家に母と共に抑圧され、そこから解放されても、今度は姑からのイビリが待ち受ける。はじける笑顔なし。貫地谷にとって女優人生の大きな起点になる役どころであると同時に、人生が停滞する“大殺界”明けに撮影が行われた、心機一転の作品でもある。

大殺界を抜けた現在の心境

実は無類の占い好きな一面を持つ貫地谷。「大殺界は今年の2月に抜けました。だから今はいい芽が出るよう、種まきの最中です」という貫地谷は「普段だったらスルーできることが気になったり、とにかくマイナス思考でした。私の存在意義って何だ!?と考えてしまったり。 “大殺界だから仕方がない!”と受け入れるようにしましたが、やはり辛かった」と3年間を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >