2017/10/23 07:00

嫌われ女優、アン・ハサウェイ…自虐ネタだらけの最新作で“ステキ女子”を捨てた!

(C)2016 COLOSSAL MOVIE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

『プラダを着た悪魔』(2006年)で恋に仕事に奮闘するキャリアウーマンを演じ、世界中の女性にとって“憧れの存在”となったアン・ハサウェイ。『レ・ミゼラブル』(2012年)では各映画賞の助演女優賞を総ナメにし、念願のオスカー女優に仲間入りを果たしました。しかし、そんな栄光もつかの間、妙に芝居じみた受賞スピーチが反感を買い、ハサウェイをヘイト(嫌う)する“ハサヘイター”が急増。ついには“ハリウッドイチの嫌われ者女優”という烙印まで押されてしまいます。

お騒がせのイメージが板についた彼女の主演映画『シンクロナイズドモンスター』(11月3日公開)は、職ナシ・家ナシ・彼氏ナシのダメウーマンが、怪獣とシンクロするというぶっ飛んだ作品。“ステキ女子”なイメージをかなぐり捨て、大炎上した過去を投影したと思われる自虐的なアン・ハサウェイの姿がこれでもかというほどに盛り込まれているんです!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >