2017/10/10 07:00

信仰の裏側にあるもの、『新感染』の監督がエセ宗教を題材に描く依存の危険性

『我は神なり』
10月21日(土)、ユーロスペースほか全国順次公開
配給:ブロードウェイ
(c)2013 NEXT ENTERTAINMENT WORLD INC. & Studio DADASHOW All Rights Reserved.

文=皆川ちか/Avanti Press

韓国発のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016年)が日本でもヒットし、現在大きな注目を浴びているヨン・サンホ監督。もともとはアニメーション映画を作っていた人なのだが、子ども向けアニメが主流である韓国アニメ界では異色ともいえる、大人向け社会派アニメーション作家であったのだ。そのヨン監督が『新感染~』から遡ること3年前の2013年に手掛け、世界の映画祭で絶賛された『我は神なり』が間もなく日本でも公開される。

ダム建設によって間もなく水没する運命にある田舎の村。そこにトラブルメーカーのミンチョルが久々に帰ってくる。寂れた村の中で唯一活気があるのは、ミンチョルの不在中に建てられた教会だけだった。そこの青年牧師ソンは村民の尊敬を一身に集めるが、ミンチョルは彼の背後にいる詐欺師ギョンソクの存在に気づく。村全体がギョンソクによる詐欺計画のターゲットになっていると察知するミンチョルだが、自分の家族を含む誰一人としてそれを信じない……。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >