2017/10/01 07:00

恋愛結婚、親が決めた結婚、迫られてした結婚…幸せなのはどれ?『エタニティ 永遠の花たちへ』

『エタニティ 永遠の花たちへ』9月30日よりシネスイッチ銀座ほかロードショー
(C) Nord-Ouest

文=新田理恵/Avanti Press

19世紀のフランス。上流階級。大家族。大豪邸で暮らす美しい女たち。

「……別世界すぎる」。

家庭を持った経験も、持つ予定も、願望もない、「おひとりさま最高」なしがないアラフォーライターにはぶっちゃけ敷居が高かった『エタニティ 永遠の花たちへ』(9月30日公開)。果たして共感できるだろうか……若干斜に構えて見始めたのだが、フタを開けてみるとこれが、嬉しい気づきの連続。思わずメモしたくなる名言が散りばめられた、豊かで普遍的な人間賛歌だ。

『アメリ』のオドレイ・トトゥ、『イングロリアス・バスターズ』のメラニー・ロラン、『アーティスト』のベレニス・ベジョという、フランスきっての人気女優が世代の異なる女性を演じ、それぞれの結婚・出産、家族愛、友情を描いていく。監督はトラン・アン・ユン。『青いパパイヤの香り』や『ノルウェイの森』など、洗練された美意識としっとり匂い立つような映像で独自の世界を築くベトナム出身の名匠である。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >