2017/10/03 07:00

佐藤江梨子、子育て通してギラギラしたサトエリから大らかな“ママエリ”に「人に対して優しくなった」

「派手にハングリー精神をもってギラギラしていた昔と違って、精神的にも落ち着いた気がする。今は『どうぞどうぞ、私を踏台にしてください』という心境です」。“サトエリ”から、大らかな“ママエリ”に。一児の母親になった女優の佐藤江梨子は、心身ともに変化を感じている。今から5年ほど前、舞台演出家の故・蜷川幸雄さんから「きみは子どもを産んだ方がよくなるよ」と言われた。当時ピンとこなかった言葉が、母親になって2年目の現在、実感を持ってわかるようになった。

大らかな気持ちを持てるように

2015年8月に第一子となる男児を出産し、現在は仕事と育児の両立に奮闘中。「息子は年中くっついてきて、私の方が汗疹だらけになるくらい。でもすごく幸せを感じて、人間というのはお互い抱きしめあっていなければダメなんだなぁと思ったり。まだお母さん2年目だけれど、平和な気持ちを味わっている」と目を細める。

愛息子を育て導いているつもりが、実は自分が一番学ばされていたりする。「子どもを産む前とは体調も違うし、できないことも増えた。それまでは自分も頑張るんだから周りも同じように頑張ってほしいという気持ちが強かったけれど、今はできなくても仕方がないんだと大らかな気持ちを持てるようになった。電車で席を譲ってもらったり、知らない方がベビーカーを運ぶのを手伝ってくれたり、周りから優しくしてもらうことも増えて、自分自身も人に対して優しくなった気がする」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >