2017/09/29 07:30

高橋一生に星野源、坂口健太郎…塩顔男子×メガネはヒットの法則?

俳優・高橋一生が出演する映画『嘘を愛する女』が2018年1月公開予定。ネット上で一足早く公開された予告映像には「一生君、メガネ似合ってる!」と早くもファンが大熱狂だ。高橋のように、色白ですっきりシャープな顔立ちは、いわゆる“塩顔男子”と呼ばれるジャンルである。塩顔男子がメガネで魅力倍増するのはなぜだろう。そのヒミツに迫ってみたい。

映画ドラマにCMでも!“知的に見える”が人気の秘密!?

高橋一生は「セミヌード」や「ちょんまげ」など、さまざまなルックスで話題をさらってきた。『嘘を愛する女』には味のある丸メガネ姿で登場するようだが、メガネ出演は初ではない。2011年放送のドラマ「名前をなくした女神」(フジテレビ系)では、スタイリッシュな銀ぶちメガネの似合う神経質な父親役を好演。「エリート感がたまらない」「知的な雰囲気にやられた」と悶絶する視聴者が続出した。また、最近では「MOW」のCMや「氷結」のWEBムービーにもメガネ姿で出演し、自身とメガネの相性の良さを改めて見せつけている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >