2017/10/12 07:00

映画にこだわり25年。ムラジュン、虹郎らの所属事務所が自ら映画を作った理由とは?

『AMY SAID エイミー・セッド』
テアトル新宿ほか全国公開中(配給:ディケイド)
(C)2017「AMY SAID」製作委員会

文・写真=平辻哲也/Avanti Press

河瀨直美監督、塚本晋也監督、山下敦弘監督ら国際的評価の高い映画に数多く出演する俳優のマネージメント会社「ディケイド」が設立25周年を記念し、所属俳優“総出演”で製作した映画『AMY SAIDエイミー・セッド』が公開中だ。映画にこだわり続ける主演俳優の三浦誠己、佐伯真吾社長に、映画への思いや今後について聞いた。

映画『AMY SAIDエイミー・セッド』主演の三浦誠己
(C)2017「AMY SAID」製作委員会

自社の俳優総出演で「25周年記念映画」を製作

ディケイドは1991年設立。当時モデルとして活動していた村上淳らのマネージメントから始め、長男の村上虹郎、河瀨監督の『火垂』(2001年)の主演・中村優子、諏訪敦彦監督の『M/OTHER』(1999年)、河瀨監督『殯の森』(2007年)、中野量太監督の『チチを撮りに』(2013年)の渡辺真起子、大森立嗣監督の『さよなら渓谷』(2013年)の大西信満ら映画を中心に活躍する俳優と、シンガーソングライターの大橋トリオらが所属している。俳優事務所は数多くあるが、ほぼ自社の俳優だけで、映画らしい映画を作れる会社はほとんどないだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >