2017/10/28 07:00

耳たぶ切断、失恋続き、死の謎…天才?狂人?画家・ゴッホの実像とは

(C) Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

燃え上がるような独創的な筆致で、死から120年以上が経った今もなお人々を魅了し続ける巨匠、フィンセント・ファン・ゴッホ。その作品は世界中で展示され、彼の生涯が映画化されるなどの著名な画家である一方、耳たぶ切断事件をはじめとする驚愕のエピソードも多く、「狂人」「好色家」「怠け者」といったレッテルを貼られているのも事実です。

複雑怪奇に思えるゴッホとは、どのような人物だったのでしょうか。わずか37歳で幕を閉じた人生を探り、その実像に迫ります。

進路も恋愛も…挫折が多すぎる壮絶な人生

ゴッホの人生を振り返ってみると、とにかく苦難が多いことが印象的です。
幼い頃から問題児で、中学を退学し就職するも、周囲との折り合いがつかず解雇されてしまいます。その後は伝道師(牧師とは異なる立場から宣教活動を行う教職者)を目指すものの、思うように成果が出せないと自分の背中を杖で打つなどの自罰的な行為を繰り返したことから、その道を諦めざるを得なくなりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >